画像
SAEC WE-317の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

SAEC WE-317の魅力と真実に迫る

SAEC WE-317は1982年に発売の、ダブルナイフエッジ・スタティックバランス型トーンアームです。

WE-317は、SAEC社の製品のなかでも名機と名高いWE-407/23と双璧のトーンアームだと言えます。

質実剛健なルックスとSAEC社の極めて高い精度と歴史を感じさせるWE-317は、愛好家からも長きに渡って高い評価を獲得し続けています。

非常に高いトレース性能があることがWE-317の魅力であり、レコード盤に反りなどがある場合でも問題なく再生することが可能です。

シェルを含むカートリッジの重量は14.5g~21.0g用となっていますが、21.0g~36.0gに適応させるためにはW-3Hを使用する必要があります。

従来のナイフエッジタイプは軸受けのガタつきがあることが欠点でしたが、ダブルナイフエッジを軸受けにしたことで欠点を解消しています。

厳かで厚みのある音色はクラシックやジャズなどと相性が良く、オーディオルームに温かな光を灯すかのような音色の再現力を実感できるでしょう。

全長は338.5mm・実効長は235mm・オーバーハングは13mm・適合カートリッジ重量は14.5g~21gです。

WE-317は、反りがある古いレコード盤を所有している愛好家におすすめしたいトーンアームの銘機だと言えます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑