画像
SANSUIのアンプAU-111 VINTAGE 1999の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SANSUIのアンプAU-111 VINTAGE 1999の魅力と真実に迫る

管球式プリメインアンプの「AU-111 VINTAGE 1999」は、SANSUIから1999年に出されたモデルです。

これは1965年に発売された管球式プリアンプ「AU-111」の復刻版であり、限定200台しか生産されていないため大変貴重なものとなっています。

AU-111 VINTAGE 1999の特徴は、AU-111を忠実に再現していながらも99年当時の最新技術でさらに進化させている点で、たとえば端子がオール金メッキになっていたり、メインシャーシがステンレス製になっていたりします。

ただし、AU-111の再現に強くこだわってもいるため、同じくAU-111 VINTAGE 1999にも基盤は使用されていません。

配線は手作業で行っているため、変なゆがみがなく素直な音が楽しめます。

AU-111 VINTAGE 1999の印象は、AU-111をばっちり思い出させてくれる力強くコントラストの効いた音であり、さすがはSANSUIというものです。

実効出力は最大で45W+45Wで、真空管には12AX7と6L6GCが使われています。

AU-111 VINTAGE 1999は2つの時代に作られたアンプで、両方の時代の空気を感じさせてくれる不思議な魅力を持っています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑