画像
SANSUIのアンプC-2105 VINTAGEの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SANSUIのアンプC-2105 VINTAGEの魅力と真実に迫る

SANSUIのアンプC-2105 VINTAGE

1980年代には「オーディオ御三家」とも呼ばれ、2014年に倒産したSANSUI。

高品質と高音質には定評のあるそのSANSUIが、1999年に発表したC-2105 VINTAGEは、B-2105と対になるステレオコントロールアンプです。

色はブラックとゴールドが販売されていますが、ゴールドの輝く見た目が絶大な人気を誇り、今もなおマニアの間で愛されています。

C-2105 VINTAGEの特徴は、電源とラインアンプ基板それぞれにテフロンを採用し、振動を抑えているところで、誘電率を抑えつつ、フラットな周波数特性を保持しています。

また、低インピーダンス、ワイドレンジを持つMOS-FETを搭載し、出力に複数のトランジスタを直結するダーリントンを採用することで音をストレートに発信させる設計になっています。

さらに、電源回路は限りなくシンプルに保ち、バランス出力もテフロン基板を使用することで、音質劣化を見事に防いでいます。

また、ユニット間の電気、磁気的な干渉や振動が音質に影響しないよう、左右チャンネルを独立させ同じ条件のもとで作動する構造になっています。

他にも、素材を非磁性のものにし、非共振やノイズを限りなくゼロにする工夫を随所に施しています。

SANSUIが誇る設計により、端正で透明感のあるサウンドを出力し、躍動感あふれる音像は、音楽の楽しみをさらなる極みまで持ち上げてくれるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑