あんしん売却。

近年のハイレゾブームを支えているのが、ヘッドフォンとイヤフォンユーザーであることは周知の事実でしょう。
数多くのヘッドフォンやイヤフォンメーカーがある中で、常にこのジャンルのリーディングカンパニーとして確固たる地位を築いてきたのがSennheiserです。

1945年ドイツで、フリッツ・ゼンハイザー博士によって創立されたSennheiserは、現在まで膨大な数の製品を世に送り出してきました。
中でもスピーカーによるリスニングを愛好するオーディオファイルにとって気になるのが、同社のフラグシップモデルヘッドフォンHD800です。
10年以上の長い開発期間を経て2009年に登場したHD800は、広い音場感が最大の特長で、クラシック音楽に抜群の相性があります。
20万円のプライスにも関わらず異例のヒットとなり、オーディオファイルからも注目を集めました。

最近はハイエンドモデルのアンプにヘッドフォン端子が搭載されることも多くなり、「スピーカー=オーディオ」の図式は徐々に変わりつつあります。
PCオーディオの盛況により、DAコンバーター内蔵のヘッドフォンアンプも増え、高品位なヘッドフォンによるリスニングも「ピュアオーディオ体験」としての認知が広まってきました。
Sennheiserもこの流れに合わせるかのように、2017年に超弩級ヘッドフォンHE1を発表しています。
720万円のプライスはもはや「ハイエンド」を超えた「スーパーハイエンド」と言っても良く、「ピュアオーディオ」との垣根をますます見えないものにしています。

Sennheiserの魅力

  • SennheiserのアンプHDVD800の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SennheiserのアンプHDVA600の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SennheiserのアンプHDV820の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

Sennheiser 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑