文字サイズ:

買取品目

  • アンプアンプ
  • スピーカースピーカー
  • プレーヤープレーヤー
  • レコードプレーヤーレコードプレーヤー
  • オープンリールデッキオープンリールデッキ
  • アクセサリーアクセサリー
  • カートリッジカートリッジ
  • ハイレゾハイレゾ
あんしん売却。

オーディオを売るなら絶対ココ!!

アンプ、スピーカー、プレーヤーから真空管やスタンド、
カートリッジやトランス、インシュレーターまで
 「音」 に関するモノなら何でもご相談ください!

好きこそ物の上手なれ

オーディオを愛する気持ちはスタッフ一同どこにも負けません!!
出張料金はもちろん無料でお伺い、お客様の言い値に挑戦!
お電話、メールひとつで専門のバイヤーが現金を持って参上致します。
お手間なく高価お買取をお約束致します!!

  • 古くても大丈夫古くても大丈夫
  • 壊れてる品物を売りたい壊れてる品物を
    売りたい
  • 高く売りたい高く売りたい
  • 査定価格を知りたい査定価格を
    知りたい
  • 今日、査定をしてもらいたい今日、査定を
    してもらいたい
  • プロの方に査定してもらいたいプロの方に査定
    してもらいたい
  • 出張買取対応出張買取対応
  • 交渉大歓迎交渉大歓迎
  • 現金でお支払い現金でお支払い
m
オーディオサウンド

対応エリア 全国展開中!

スタッフ紹介

スタッフ

-Message-
「また、君にお願いするよ!」と言っていただけるのが何よりの幸せです。

私たちの商売は、地元に根付いた商売です。いい加減なことをしたら商売を続けることができなくなりますから。
なので「明日、あなた査定に来てよ!」と指名された時ほど嬉しいことはございません。これからも、お客様一人ひとり真心を込めて対応していきたいと思っています。

心がけていること

買取りをやっていて一番感じることは、「お客様のオーディオに対する思いは様々」だということです。だから、思い出深いオーディオを譲っていただく際には「商品の価値を正しく判断し査定する」ことを忘れないように心がけています。

高額買取が出来る専門店として当店が選ばれることには理由があります。

オーディオサウンド 他社サービス
  • 全国対応可能!
  • ご依頼受領後、最短30分でのお伺いも可能!
対応地域
  • 会社により全国対応
  • 店舗の場合、対応エリアが限定
  • プロのスタッフが査定するためお客様から
    高く買取る事が出来ます!
  • 出張、見積もり、搬出費、買取不成立でも
    一切お金はいただきません!
価格
  • 型番、年式で査定
    (実際の買取額と大きく異なる事が多い)
  • アルバイトが査定の場合があり、不安の声も…
  • オーディオ大好きなスタッフが勢ぞろい!
  • オーディオの知識が豊富なスタッフが対応!
スタッフの質
  • アルバイトのスタッフが査定するケースがある。
  • 専門店ではない為、査定金額に不安との声も・・・
  • 9:15~20:30であれば電話はいつでも繋がります!
  • 年中無休!
  • Webからのお問い合わせにも迅速対応!
  • 当日、現金即金が可能です!
対応速度
  • 電話が繋がらないと不安の声が・・・
  • 店舗の場合は定休日有り
  • 現金即金あり(振込みの場合数日かかる場合も)
全国店舗数業界No.1!!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
SHURE

SHUREは、マイクロフォンやカートリッジをはじめとする、オーディオ機器を製造、販売する会社です。
現在はマイクのほうが有名ですが、かつてはMMカートリッジの生産量で世界を席巻した時代もありました。
取り扱いが簡単なMMカートリッジに特化したことが、一般家庭向けレコードプレーヤーの普及の波に乗って、定番カートリッジとして浸透していきました。

SHUREは1937年にフォノグラフ・カートリッジの製作を開始。
Ralph GloverとBen Bauerの「ニードル・ティルト“needle-tilt”」原理とJim Kogenの「追跡性“trackability”」のコンセプトに則り、レコードの摩耗率を抑えつつも音質を高めるという画期的なカートリッジを設計し、カートリッジ業界のパイオニアとしてリードしていきました。
SHUREが初めて開発したフォノ・カートリッジは長時間の連続使用と78RPMレコード再生が同時にできるということで、ステレオ・レコーディング要件の揃ったカートリッジでした。
1960年代~1970年代が最もピークで、1日に約28000個ものカートリッジが製作されており、全米のいたるところでSHUREカートリッジが使われていたと言えます。
CDプレーヤーの誕生により、1988年までには需要が激減してしまいましたが、1990年代末にDJバトルの流行により、DJ御用達のカートリッジとなったのです。

今日もDJばかりでなく、ジャズ愛好家、ビニールレコードコレクターなどの方向けに8種類のフォノ・カートリッジを製造・販売。
各モデルごとに個性が光るラインナップとなっており、ユーザーが好きな音を見つける楽しさを広げることができるでしょう。

 

SHURE 最新買取情報

買取実績公開中
     

\ 遺品整理のご依頼はこちら /

オーディオサウンド

買取品目

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑
m