画像
SONYのアンプTA-A1ESの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SONYのアンプTA-A1ESの魅力と真実に迫る

家電メーカーとして名高いSONYはオーディオ製品も積極的に開発しており、アンプ類も例に漏れません。
常に最先端の技術を製品に投入するSONYは、2013年にプリメインアンプTA-A1ESを発売しました。
こちらのモデルは、SONYがプリメインアンプとしては14年ぶりに世に送り出したもので、ヘッドホンアンプの機能も備えています。

プリアンプ部の回路は、FET(フィールドエフェクトトランジスタ)入力のディスクリート回路を採用。
これは、ボリューム部による信号の劣化を防ぎ、ピュアな信号伝送を可能にするものです。
またパワーアンプ部はバイポーラトランジスタを搭載し、シングルプッシュプル構造で回路の簡素化が図られています。
さらに、自社が独自開発した「スマートコントロールバイアス」によって、高音質を実現する純A級動作と、大出力時に効率的な稼働を行うAB級動作をコントロールすることが可能です。

シャーシには新開発のFBB(フレームビームベースシャーシ)を取り入れ、音の歪みを抑えて響きを改善しています。
TA-A1ESの音は余分な色をつけない素直なものであり、高解像度に加えて特に低域の豊かな厚みが特徴です。
素直な響きでありながら、パワーが欲しい部分でもしっかりと芯のある音を発揮します!

画像

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑