画像
SONYのアンプTA-DA9100ESの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SONYのアンプTA-DA9100ESの魅力と真実に迫る

デジタル化が進むオーディオ市場の中で、2005年に発売されたAVアンプTA-DA9100ESは、SONYのデジタル技術を集約させたモデルです。

SONYのデジタルアンプ技術として用いられてきた「S-Master PRO」は、デジタル処理した信号を直接スピーカーに出力するものです。
そしてTA-DA9100ESは、以前のモデルよりも精度を増した32bitを採用しています。

また、独自の自動音場補正機能「DCAC」は、オーディオ環境を自動的に検知し、最適な音場補正を行います。
さらに9.1chのマルチチャンネル対応で、臨場感あふれるだけではなくそれぞれのチャンネルのつながりを自然にし、リアルな音楽体験が可能になるのです。

その他、映像機器の入力端子に合わせた出力が可能なビデオコンバーターを搭載し、多くの機器に接続することもできます。

電源には太さのある銅線を使用した大型トロイダルトランス、最適にチューニングされた電解コンデンサーなど、工夫もたくさんです。

筐体はどっしりとした存在感があり、上部にデジタルディスプレイが設置されています。
その見た目のとおり、音には力強く芯がある印象で、存在感をひしひしと感じさせてくれます。
一方で解像度が高く繊細に音を再現し、無駄な色付けのないクリアな音を奏でるのです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑