文字サイズ:

買取品目

  • アンプアンプ
  • スピーカースピーカー
  • プレーヤープレーヤー
  • レコードプレーヤーレコードプレーヤー
  • オープンリールデッキオープンリールデッキ
  • アクセサリーアクセサリー
  • カートリッジカートリッジ
  • ハイレゾハイレゾ
あんしん売却。

オーディオを売るなら絶対ココ!!

アンプ、スピーカー、プレーヤーから真空管やスタンド、
カートリッジやトランス、インシュレーターまで
 「音」 に関するモノなら何でもご相談ください!

好きこそ物の上手なれ

オーディオを愛する気持ちはスタッフ一同どこにも負けません!!
出張料金はもちろん無料でお伺い、お客様の言い値に挑戦!
お電話、メールひとつで専門のバイヤーが現金を持って参上致します。
お手間なく高価お買取をお約束致します!!

  • 古くても大丈夫古くても大丈夫
  • 壊れてる品物を売りたい壊れてる品物を
    売りたい
  • 高く売りたい高く売りたい
  • 査定価格を知りたい査定価格を
    知りたい
  • 今日、査定をしてもらいたい今日、査定を
    してもらいたい
  • プロの方に査定してもらいたいプロの方に査定
    してもらいたい
  • 出張買取対応出張買取対応
  • 交渉大歓迎交渉大歓迎
  • 現金でお支払い現金でお支払い
m
オーディオサウンド

対応エリア 全国展開中!

スタッフ紹介

スタッフ

-Message-
「また、君にお願いするよ!」と言っていただけるのが何よりの幸せです。

私たちの商売は、地元に根付いた商売です。いい加減なことをしたら商売を続けることができなくなりますから。
なので「明日、あなた査定に来てよ!」と指名された時ほど嬉しいことはございません。これからも、お客様一人ひとり真心を込めて対応していきたいと思っています。

心がけていること

買取りをやっていて一番感じることは、「お客様のオーディオに対する思いは様々」だということです。だから、思い出深いオーディオを譲っていただく際には「商品の価値を正しく判断し査定する」ことを忘れないように心がけています。

高額買取が出来る専門店として当店が選ばれることには理由があります。

オーディオサウンド 他社サービス
  • 全国対応可能!
  • ご依頼受領後、最短30分でのお伺いも可能!
対応地域
  • 会社により全国対応
  • 店舗の場合、対応エリアが限定
  • プロのスタッフが査定するためお客様から
    高く買取る事が出来ます!
  • 出張、見積もり、搬出費、買取不成立でも
    一切お金はいただきません!
価格
  • 型番、年式で査定
    (実際の買取額と大きく異なる事が多い)
  • アルバイトが査定の場合があり、不安の声も…
  • オーディオ大好きなスタッフが勢ぞろい!
  • オーディオの知識が豊富なスタッフが対応!
スタッフの質
  • アルバイトのスタッフが査定するケースがある。
  • 専門店ではない為、査定金額に不安との声も・・・
  • 9:15~20:30であれば電話はいつでも繋がります!
  • 年中無休!
  • Webからのお問い合わせにも迅速対応!
  • 当日、現金即金が可能です!
対応速度
  • 電話が繋がらないと不安の声が・・・
  • 店舗の場合は定休日有り
  • 現金即金あり(振込みの場合数日かかる場合も)
全国店舗数業界No.1!!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
SONYのアンプTA-DR1aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SONYのアンプTA-DR1aの魅力と真実に迫る

刻一刻と進化するデジタルオーディオ体験を追求すべく、SONYでは1990年代から独自のデジタル技術を駆使してオーディオ製品を作り上げています。
そして2005年に発売されたTA-DR1aは、2003年にリリースされているTA-DR1の改良型で、音楽体験の基本にさらに迫ったモデルとなっています。

前身であるTA-DR1と同様、デジタルアンプ「32bit S-Master PRO」を搭載。
これにより、デジタル信号のピュアな増幅と変換が可能になり、信号の歪みを排除することができます。
さらに、新たに開発された「ハイスピードパワーMOS FET」を導入し、スピーディなスイッチングと出力抵抗の軽減に成功したのです。
また、i.LINK入力端子を搭載しており、H.A.T.S対応SACDプレーヤーSCD-DR1との接続が可能となりました。
これによる双方向通信で、送信するデータ量の最適化が行えるのです。
また、同軸デジタル入力にBNC端子を装備し、クロックジェネレーターとの接続もできます。
その他、ノンフィードバック構成や電源部の大容量トロイダルトランス搭載で、駆動の安定かつ電流供給の余裕を保持しました。

TA-DR1aの外観に関してはTA-DR1とほぼ同様で、センターのボリュームとそれを囲むように設置されたランプがスタイリッシュです。
音に関しては前身のTA-DR1よりもさらに磨きがかかり、音の粒立ちはくっきりとして素直に音が伸びていきます。
そして、高域から低域までを安定して鳴らし、品がよく明るい印象です。

\ 遺品整理のご依頼はこちら /

オーディオサウンド

買取品目

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑
m