画像
SONYのアンプTA-ER1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SONYのアンプTA-ER1の魅力と真実に迫る

SONYでは、常に最先端のオーディオ機器を追求して高い技術を駆使したモデルを世に送り出しています。
そしてハイエンドモデルも数多く存在する中、1991年に発売されたTA-ER1はプリアンプの原点に立ち返って開発されたハイエンドモデルです。

TA-ER1では信号伝送の最適化をコンセプトとし、バランス入力端子から入力した信号を高平衡度バランスアンプに直結させることで、ノイズ除去やS/N比向上に成功しました。
また、さらにアンバランス入力はホットとシールドに入力された信号のみを増幅する仕組みで、やはり高いS/N比を実現したのです。
さらに回路にはパワーMOS FETを使用したコンプリメンタリーSEPP方式を採用。
これにより、パワーアンプに接続したときに強いドライブ力を発揮することができます。
その他、CD入力を前提としている一方でフォノイコライザーも搭載し、MM/MCカートリッジのいずれにも対応するのです。

筐体は、本体と電源ユニットがセパレートになった2シャーシ構造で、電源の信号伝送への影響を軽減しています。
また、メタリックなフロントや天板に対してサイドに設置された木目調がクラシカルな印象です。
そして奏でる音は解像度が高く音の再現が細やかで、品のある印象を与えてくれます。
また余計な色がなく素直な音質で、滑らかに伸びる音が心地良いです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑