画像
SONYのアンプTA-F555ESLの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SONYのアンプTA-F555ESLの魅力と真実に迫る

SONYの優れたオーディオ技術は、時代ごとに最高級のものが製品につぎ込まれてきました。
1990年に発売されたプリメインアンプTA-F555ESLは、TA-F555ESXから何度か改良を重ねて仕上がったモデルであり、さまざまな技術を詰め込んだ重量級アンプです。

パワフルな駆動のために新しく投入されたパワーMOS FETは、優れた高周波特性を持つことから大出力やワイドレンジ化を可能にするものです。
このパワー素子は以前のタイプから改良が行われ、パワーロスの減少に成功しています。
また電源部はS.T.D.と呼ばれる構造を導入し、Aクラス段とパワー段それぞれに独立させた電源供給を行うことで相互干渉を防ぎました。

さらにシャーシには、独自開発のGシャーシ(アコースティカルチューンドジブラルタルシャーシ)を採用しています。
非金属であり、炭酸カルシウムと不飽和ポリエステルにグラスファイバーを加えた素材は剛性が非常に高く、音の歪みや温度による変性もほぼないのです。

筐体は黒をベースに、サイドに配置された木目調パネルがクラシカルな印象です。
そして音は芯の強さを前面に押し出しつつ、繊細に音を表現し明るくクリアな質感。
耳への心地よさに加えて、音に存在感が欲しいときに聴きたい音といえます。

画像

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑