画像
SONYのアンプTA-F555ESRの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SONYのアンプTA-F555ESRの魅力と真実に迫る

オーディオ製品に最高級の技術を惜しみなくつぎ込んできたSONYは、重量級プリメインアンプTA-F555ESX発売でオーディオ市場に一石を投じました。
そしてTA-F555ESXは幾度も改良が加えられ、その流れを汲み1988年に発売されたプリメインアンプが、TA-F555ESRです。

TA-F555ESRの大きな特徴は、TA-F555ESXから引き継がれるGシャーシ(アコースティカルチューンドジブラルタルシャーシ)です。
これは非金属で磁性の影響を受けない素材でできており、炭酸カルシウムと不飽和ポリエステルに、グラスファイバーを加えて高い剛性を得たものです。
これにより、無駄な共振を抑えられるだけではなく、磁性による歪みや電気特性による影響を抑えているのです。
また、Gシャーシにはプリント基板やパワートランスなどを直接固定させ、さらに筐体全体をGシャーシと協力に連結させる構造で、共振は徹底的に排除しました。
回路としては、アンプ回路を最小限にしてより信号伝送に負荷がかかることのない構造になっています。
その他、パワーアンプ部にはS.L.L.(スーパーレガートリニア)方式を導入し、広帯域で歪みを抑えることに成功しました。

ブラックの筐体に再度のウッドパネルがクラシカルであり、フロントパネルにはつまみ状のスイッチが並びます。
そして奏でる音は、全体的に粒立ちがよく繊細な再現をしてくれます。
また、クリアでシャープながらも主張のある芯の強い音は、耳にほどよい刺激を与えてくれます。

画像

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑