あんしん売却。
SONY

SONY

SONYはオーディオ機器をはじめ、あらゆる電化製品を製造販売している日本を代表する電器メーカーです。

初期の頃はVC-1500Eのような高出力タイプのMCカートリッジも手掛けていましたが、SONYが本格的にカートリッジを展開したのはMMカートリッジのXL-15、25、45をリリースした頃からになります。
SONYは、1970年代後半に各社がシェル一体型カートリッジの販売を開始した時期に、本格的にMCカートリッジを発売するようになりました。

MCカートリッジのXL-10は、空芯8の字コイルを使ったユニークなもので、初期の製品と後期の製品では若干仕様が違っています。
たとえば、初期のモデルはがっしりしたボディでしたが、その後スリムなデザインに変わっています。
また、針も最高級の針先一体型ダイヤモンドカンチレバーのXL-88Dが使われた時期もあります。
SONYの代表的なカートリッジといえば、XL-15、XL-25、XL-45。
XL-15は丸針、XL-25は楕円針、XL-45はラインコンタクト針と、それぞれ専用の針が使われていました。
XL-45は1975年に発売されたモデルですが、ちょうどオーディオブーム全盛の頃だったので、ファンの注目を集めたMMカートリッジ。
カンチレバーとポールピースにカーボン繊維を使用して、振動を抑える設計です。
クロス型磁気回路や希土類マグネットを採用し、ラインコンタクト針により忠実にレコードをトレースしました。
ちなみに、XL-15と同じ性能でプレーヤー付属のカートリッジVL-15という機種もあり、デザインもポップで垢抜けているばかりでなく、音にも同様に明るさと軽さを兼ね備えたものでした。

 

SONY 最新買取情報

買取実績公開中
     

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑