あんしん売却。


1960年代にイギリスで創業したSpendor(スペンドール)は、スペンサー氏とドロシー氏のヒューズ夫妻を創業者とするオーディオメーカーです。

スペンドールという社名は、スペンサー氏とドロシー氏のそれぞれの名前を掛け合わせたものとされています。

スペンサー氏は、イギリスBBC出身という経歴の持ち主で、スペンドールの技術はやはり、BBCの音響技術を色濃く継承したものでした。
プロもうならせる品質の高いモニタースピーカーを次々と世に送り出していきました。
特に、スペンサー氏が開発の基礎に携わったBBCモニタースピーカーLS3/5aは、1970年代~80年代を席巻したモデルとなりました。
そして、名だたるオーディオメーカーがこぞってライセンス契約を結び、各社が生産・販売を始めたのです。

スペンドール初のオリジナルとして開発されたモデルはBC1。
長きに渡りスタジオや放送局で重宝され、その後、家庭用にも改良され、市場で広く販売されるようになったのです。
BC1の新しい技術やピュアで自然に響く音は家庭用にも受け継がれ、多くの人々から賞賛を得ていきました。

2001年には、スペンドール社はフィリップ・スイフト氏に買収され、これまで培ってきたナチュラルな音の追求に加えて近代的なテイストも取り入れ、形を変えながら素晴らしいスピーカーをリリースし続けています。

Spendorの魅力

  • SPENDOR SP100Rの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR Classic SP1/2Rの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR SA-1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR Classic SP3/1R2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR Classic SP1/2R 2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR A6Rの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR SP1/2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR BC2 Limited Editionの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR A6の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR SP1/2Eの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR SP2/3R2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR S-100の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR BC-IIの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR BC-IIIの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR SP-100の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR LS3/5Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR SP-2/3の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SPENDOR SP-2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑