あんしん売却。

アメリカ・カリフォルニア州に籍を置くSpiral Groove(スパイラル・グルーブ)は、2005年に設立されたオーディオメーカーです。
スパイラル・グルーブでは、アナログレコード用のターンテーブルやトーンアームの開発・販売を行っており、アナログファンから根強い支持を得ています。

創業者の1人であるアレン・バーキンス氏は、長年にわたってハイエンドオーディオ機器技術の研鑽を積みました。
そして満を持して、Balanced Force Designと呼ばれる手法を生み出したのです。
これは、レコードの溝をカートリッジが走るときにかかるアームの力を、システム自身が瞬間的に検知し、補正やコントロールまでも行うという賢いアプローチなのです。
このBalanced Force Designとはスパイラル・グルーブ製品の根幹を支えるものと位置づけられています。

2007年に発売されたモデル・SG1.2をご紹介しましょう。
SG1.2は本体そのものを重量化することでモーターの無駄な振動を抑えることに成功した優秀モデルです。
本体を支える足も振動を吸収する構造になっているのですて、アナログレコード再生における音の濁りを排してノイズキャンセリングを可能にしました。

また、トーンアームの交換が手軽に行えるなど、ユーザビリティの徹底も、スパイラル・グルーブの製品が支持される理由の1つとなっています。

Spiral Grooveの魅力

  • Spiral Groove Canalis Animaの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

対応エリア 全国展開中!

I[fBITEh
↑