画像
STAXのアンプDMA-X2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

STAXのアンプDMA-X2の魅力と真実に迫る

オーディオ界の草分け的存在で、静電気の特性を音響機器に活かすことで知られる、オーディオ専門メーカーSTAXが、入力された電気信号を損失、付加することなく、ただ拡大するアンプを目指して開発したモノラルパワーアンプが、1990年発売のDMA-X2です。

出力回路は、A級増幅回路が2組とプッシュプル電源で構成され、出力端子でブリッジ接続していいて、出力段には、無帰還回路、ドライバー段には、A級増幅と差動入力回路を採用し、広ダイナミックレンジの獲得をしています。
また、電源コードから侵入するノイズを抑えるため、ドライバー段は対アース増幅型にしていて、電源部は、33000μFx4と68000μFx4による合計404000μFの超大容量電解コンデンサを搭載し、電源トランスには1500VAと超大型のものを使用しているのが特徴です。

さらに、電源部でのノイズ発生を減らすため、ショットキー・バリア・ダイオードを採用しているほか、部品のレイアウトを工夫するなど、電源部から周辺回路への悪影響を限りなくゼロに近づける工夫を凝らして、クリアな音質を実現しています。
DMA-X1のジュニアモデルといえど、このDMA-X2の超高級なスペックと圧倒的なサウンドは、今までにないリスニングを、貴方に提供してくれることは間違いありません。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑