画像
STUDER/ReVox D732の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

STUDER/ReVox D732の魅力と真実に迫る

STUDER D732は、プロユースにデザインされたD730の思想を基に、ラックマウント設計により設置を容易に行えるCDプレーヤーとして、1994年に発売されました。
圧倒的に豊富な機能を誇ったD730mk2において、使用頻度が高いものだけを引き続き採用していることから、過不足無くプロの現場にも応えられる実用性の高さを実現しました。

この前後のモデルと違い、メカニズム部分にはCD-M4を採用しているのが特徴です。
CD-M4Proほどのクオリティの高さはありませんが、シャーシに対してフローティングマウントさせることで、高い読み取り精度を実現しています。
また、D/A変換部では、TDA1305Tをマウントしていて、これは、デジタルフィルターの外付けが不要なフィルターDACとして有名で、DACを通過した以降のアナログフィルターにおいて、緩やかなフィルターを取り付けることが可能になりました。 さらに、アナログ出力においては、電子式バランス出力とアンバランス出力の機構を採用している点が目を引きます。

サイズは、幅482mm×高さ88mm×奥行368mm、質量7.0Kgとなっています。
外部のデバイスからクロック同期信号を取り込むことができる、BNC端子があるのも利点と言えます。

容易な設置ができると同時に、信頼性の高いパーツを厳選して使用したD732は、長期間に安定したサウンドを楽しめる業務用プレーヤーとして、広く重宝されました。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑