あんしん売却。

TAOC(タオック)のオーディオボードは、マニアの間では定評のあるメジャーブランドになっています。
金属粉配合の特殊なコーティングを施したうえで、7層構造にするというこだわりようで制振効果を高めてきました。

SCB-CS-HCシリーズには2種類の製品があり、クールなCタイプとソフトなWタイプを選ぶことができます。
SUB-HCシリーズは、音質を選べるほかイエロー系のおしゃれなオーディオボードもラインナップされました。
さらに、SCB-RS-HCシリーズには、オプションでスパイクが用意されているので、柔らかいじゅうたんや条件の悪い床でも抜群の安定性をもたらします。

音の特徴は、全体のバランスが良く、情報量がアップすること、低域が膨らまず、余計な響きがないことでしょう。
音の好みにもより、高音域やドラムの音色が鮮やかになる分、金属的な響きが気になる場合もありますが、総合的には、音質に満足できる安定感のあるボードと言えるでしょう。
また、TAOCのオーディオボードは響き過ぎないので、安定感に欠ける設置場所をフォローできるメリットがあります。

多様な選び方ができる人気のオーディオボードとしての需要は高く、好みやオーディオ機器に合うものを敷くことで、スタイリッシュにも落ち着いた雰囲気にもなる優れた製品です。

TAOCの魅力

 

TAOC 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑