画像
TEAC VRDS-25の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

TEACVRDS-25の魅力と真実に迫る

TEAC VRDS-25は、1995年発売のCDプレーヤーです。
VRDS、DSRLL、ZDIIなど当時の最先端技術を多数取り入れて誕生しました。
そのうちVRDSとは、ディスク固有の振動やメカニズム系が発する不要振動を徹底的に抑えるための仕組みです。

ターンテーブルの径とディスクの径を完全に一致させることで、隙間なくクランプできるようにし、ディスクの圧着面にはわずかな傾斜を設けました。
読取り位置がズレるのを防いで、ピックアップをターンテーブルと同じ傾斜角度にしたことで、ピット読取りの精度が格段に向上しています。

DSRLLはデジタル・サーボ・レシオ・ロックド・ループの略で、ジッター問題を解決するため新採用された回路です。
ジッターとは、従来のPLL方式でD/A変換の際に起こっていたロック回路のタイミングエラーのことを言います。
D/A変換誤差を最小限にするためにはZDIIも併せて搭載する必要があったのです。

サーボをノイズに負けないようにするため、解像度が高いデジタル・サーボにしたことも音質の向上に一役買っています。

シャーシには振動や共振に強い無垢のアルミブロックを採用し、内部をD/A部、メカ・サーボ部、電源部の3ボックス構造にすることで、干渉を軽減しました。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑