画像
TEAC VRDS-25XSの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

TEAC VRDS-25XSの魅力と真実に迫る

VRDS-25XS

TEAC VRDS-25XSは、1998年に発売されたCDプレーヤーです。

余分な振動や共振を抑えるためにフローティング構造をすべてなくし、メカベースとシャーシをしっかりと固定する「フルボディード・コンストラクション」を採用しています。
音に影響を与える不要な振動を除去することで、細かい表現まで忠実に再現することが可能になりました。

また、エソテリックD-3に搭載されていたDSRLL(Digital Servo Ratio Locked Loop)サーキットも取り入れています。
この回路は、可聴域で発生する信号波形の乱れを100分の1程度までに低減し、ノイズを40db以下に抑える働きをするものです。

さらに型番からも分かるように、ディスクと同径のターンテーブルにクランプすることで面ブレや偏心を抑えるVRDS技術は当然活かされています。
他にも、音質を高めるために、DSRLLやディストーション・シェイパーZDIIなど当時の先進技術が多数盛り込まれた機種です。

ノイズを抑えることに重点を置いて開発されたCDプレーヤーVRDS-25XSです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑