あんしん売却。

TEAC/ESOTERIC/TASCAMはハイファイオーディオ衰退期を生き延びた数少ない日本の音響メーカーの1つとして有名です。
軸となるのはTEACの製品ですが、一般向け高級音響ブランドであるESOTERIC、業務用音響ブランドTASCAMを除いて語ることは、もちろんできません。
主にホームオーディオやハイエンドオーディオを中心に開発、販売をおこなっており、世界的にも知られている日本の音響メーカーです。
今回はTEAC/ESOTERIC/TASCAMのこれまでの歴史に迫っていきます。

TEACは1953年に東京テレビ音響株式会社として東京都で創立されました。
1964年に合併を経てTEAC株式会社に。
それからは総じて剛健な機器を作るブランドイメージを作り、高級かつ重量級の機器を数多く開発していきました。

その後、時代の流れに上手く乗り、CD、DVDなどの光ディスクドライブ製造の大手として活躍していきました。
2005年にはパイオニアと光ディスクドライブの開発・製で提携するように交渉を始め、翌年には共同開発することで合意に至りました。

2013年にギターメーカーであるギブソン社と資本業務提携契約を締結し、TEAC株式会社は子会社化されました。

対応エリア 全国展開中!

I[fBITEh
↑