画像
TEAC X-2000Mの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

TEAC X-2000Mの魅力と真実に迫る

TEAC X-2000M

TEAC X-2000Mは、当時としては画期的な技術を存分に注入して、魅力あるオープンリールデッキとして1984年に誕生しました。

コバルトアモルファスヘッドを採用して、新設計されたイコライザーアンプやテープ走行系の能力を高めることで、40kHzまでほぼフラットな特性を実現しています。

イコライザーアンプ部では上下対称回路を取り入れつつ、更に完全プッシュプル構成として高い安定度を保持しています。
マイコンを用いた編集メカニズムであるCESを搭載しているのも特徴です。
さらに、1秒毎にフーテージローラーの回転で正確にカウントできるカウンターを兼ね備えてあり、録音した総時間や曲の正確な測定を可能としています。

他にも、テープのどの位置からもカウンターを0表示にすることができるS.T.Z.や、CUEボタンを押した位置に戻すことができるS.T.C.機能を装備していて、実用性の高さにも一目置かれています。
録音と再生の両方に効果がある±6%のピッチコントロール機能も魅力的。

サイズは、幅432mm×高さ456mm×奥行268mm、質量21.0Kgとなっています。

テープを保護することを目的として、ソフトな電磁ブレーキを取り入れてあり、随所に工夫を凝らしている点が素晴らしいものです。

X-2000Mは、基本動作を当たり前にこなすことができ、便利な機能も満載の優れた機器としておすすめです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑