画像
TEAC X-2000RBLの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

TEAC X-2000RBLの魅力と真実に迫る

TEAC X-2000RBL

TEAC X-2000RBLは、ブラッシュアップを重ねて常に最高のサウンドを手に入れることを目的として、1984年に販売開始したオープンリールデッキです。

ヘッド部では録音、再生、消去の各ヘッドについて、各々独立させた6ヘッド機構となっています。
また、ヘッドへの装着法としてはプロ用デッキなどでよく見られる固定ヘッド方式を取り入れています。

消去ヘッドでは、キャプスタンシャフトの外に設置することで、テープスパンを短くして動作を安定させる効果を発揮しています。

イコライザーアンプ部では、上下対称回路にして、更に完全プッシュプル構成を取り入れており、特に2段目をブートストラップ回路として初段の利得を大きく取って安定感を増すことに成功しています。
マイコンを用いた編集メカニズムであるCESを搭載し、5桁LEDリニアカウンターで正確なカウント表示をします。
テープのどこからでもカウンター0表示に戻るS.T.Z.機能など、実用性も考えた設計になっています。
オートスペーサーがあるので、最大8秒間の無信号録音スペースを作ることもできます。

サイズは幅432mm×高さ456mm×奥行268mm、質量21.0Kgとなっています。
別売りでウッドケースも用意されていて、見た目の変化も楽しめるのが特徴的。

X-2000RBLは、時代の最先端を取り入れつつ、安定したパフォーマンスを発揮できる有能なオープンリールデッキとしておすすめできます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑