画像
ThresholdのアンプSA-3.9eの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

ThresholdのアンプSA-3.9eの魅力と真実に迫る

Threshold SA-3.9eは、1990年に発表されたステレオ・パワーアンプです。

A級アンプも贅沢な構造ですが、本機は大出力になってもA級を維持する「純A級」で動作します。

一定の状態を保つために大きなアイドリング電流を流し続ける必要があるので、純A級クラスのパワーアンプは高い発熱が避けられません。

SA-3.9eにはステイシス回路が搭載され、ハイパワーゆえの高い発熱を抑えることが実現しました。

ステイシス回路のメリットとして挙げられるのは、出力から入力までに生じやすい雑音を排除できる点でしょう。

これにより、SA-3.9eの音質は、より澄みきったクリアな印象になりました。

Threshold SA-3.9eのデザインは、スタイリッシュで古さを感じさせません。

今なお新鮮な印象を与える外観は、ハイエンドオーディオとしてどのような空間にもマッチするでしょう。

余計なデザインを排除した優れたデザインは、時代を経ても人気があります。

希少なThreshold社の純A級ステレオ・パワーアンプ
SA-3.9eは、価値が大きく下がることはありません。

温度や湿度管理を適正にして、良い状態を維持することをおすすめします。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑