画像
ThresholdのアンプSA/4eの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

ThresholdのアンプSA/4eの魅力と真実に迫る

Threshold(スレッショルド)は、1979年から90年代まで台頭していた、アメリカのハイエンドオーディオブランドです。

1989年に発表されたSA/4eは、Threshold独自のステイシス回路を搭載したステレオ・パワーアンプ。

SA/4eの特長は、ステイシス回路によって原音に忠実な音楽の再現性と、出力から入力までの余計なノイズを排除した明確な音質にあるといえるでしょう。

また、バイアス回路にも高い技術を駆使しているため、動作が安定するだけでなく長期間の使用が可能になりました。
このことからも、Threshold SA/4eが時代を超えて、今なお愛用されている理由が分かるでしょう。

SA/4eはパワートランジスタの数が多く、ヒートシンクなどの容量も大変大きくなっています。
トロイダルトランスも2つ装備しているので、ハイエンドオーディオの名に恥じないハイパワーが魅力です。

シンプルな外観も当時の雰囲気そのままに、アメリカの古き良き時代を思わせるThreshold SA/4e。

発売された当時や、人々に長く音楽の楽しみを与えてくれた歴史に想いを馳せながら、好みの音源で豊かな時間を過ごすことができそうです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑