画像
Unison ResearchのアンプMISTEROの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

Unison ResearchのアンプMISTEROの魅力と真実に迫る

Unison ResearchのアンプMISTERO

UNISON RESEARCH MISTEROは、UNISON RESEARCHのノウハウを結集して開発したライン管球式ラインレベルプリアンプとして、1996年に誕生しました。
当時の最先端技術を余すところなく取り入れつつ、信頼性も高いアンプとして多くの評判を呼んでいます。

全段においてピュアAクラス動作の真空管回路を採用し、増幅にかかる全ての電子回路からも半導体素子を排除することに成功。
この技術力の高さは、多くのオーディオファイルを驚かせました。

初段管にはリチウムバッテリーによる固定バイアスをマウントし、常に安定した最適バイアスを提供し、高リニアリティ、ローノイズを実現しています。インプットセレクターには、窒素ガスを注入した金接点リレーを採用している点にも注目したいところです。

また、入出力インピーダンスが変動することを防ぐため、メインボリュームは初段と後段の間に取り付けられました。

フォノイコライザーへの給電も可能であることから、別売りオプションのSimply-Phonoが使えるのも嬉しいですね。

MISTEROのサイズは、幅460mm×高さ130mm×奥行370mm、質量14Kgとなっています。

木材部には無垢のイタリアンチェリーを採用し、様々なインテリアにもマッチさせやすいデザインとなっています。

その動作の信頼性は非常に高く、立ち上がりがよくクリアなサウンドは、環境を選ばずに上質な体験を提供してくれるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑