画像
Unison ResearchのアンプS6 newの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

Unison ResearchのアンプS6 newの魅力と真実に迫る

UNISON RESEARCH S6 newは、UNISON RESEARCHが長年培ってきたノウハウを集約させて開発された管球式プリメインアンプとして、2000年に登場しました。
S6/IIを再設計して、特に機能面で大きく改良が施されたモデルです。

EL34 出力真空管3本プラス3本で35W/チャンネルを出力させる構成になっています。
真空管ベースに目を向けると、電磁性や熱伝導率の低いセラミック製を使用して、ステンレス板を配して真下にある回路に対し、真空管から発する熱をシャットアウトさせています。

この配慮により、システム全体の安定性と音質の信頼性を確保しています。

前段増幅及びパワーステージドライブでは、双三極管ECC82をベースとしており、高いリニアリティを確保して、高調波の歪みを低減させることに成功しています。

各真空管は各増幅ステージを確実に持たせて、全てピュアクラスAで動作させることが可能です。
個々の出力管の分極化としてはミックスタイプを使用しており、バイアスはそれぞれカソードタイプオート分極から2/3、固定分極から1/3 が供給が可能です。

S6 newのサイズは、幅350mm×高さ210mm×奥行490mm、質量25Kgとなっています。

フロントパネルサイズを小さくやや奥行きのあるプロポーションが魅力的です。
基本的な性能が工事源でまとまったS6newはクセのない非常に素直なサウンドを奏でるため、自分好みの音作りを楽しめるアンプといえるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑