画像
VICTOR MC-L10の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

VICTOR MC-L10の魅力と真実に迫る

MC-L10

VICTOR MC-L10は、ダイレクトカップル方式を取り入れたラボラトリーシリーズのMC型カートリッジとして、1981年に誕生しました。

ダイレクトカップル方式を採用していることで、コイルを針先の近くにマウントすることができ、カンチレバーに起因する伝送損失をカットしています。
この方式においては、理論上では巻線型コイルは大きくて使用できませんでした。
そこで、LSIの製法をベースとして開発されたマイクロコイルを使用。
このコイルは、巻線型コイルと比較してなんと1/100の重さということもあり、針先とコイルの直結化につながりました。
従来の方式においては、針先からコイルまでの距離が1.5mmの位置でしたが、距離を2/3縮め1.0mmにすることにも成功しています。
コイルが近くにあることで実効質量を増加するので、特性やトレース性能が低下することを防止するために、振動系の全面的な再設計にも着手。
ベリリウム材を用いたカンチレバーは、強いテーパード加工により質量を低減しつつも剛性を高め、サスペンションやコイルの固定法の一新を図ることで、広帯域において損失の低減を実現しています。

MC-L10の音は、ワイドレンジで、かすかな音からボーカル、ピアノ、打楽器、弦楽器まで伸びやかに再現し尽くし、しなやかさ、艶も輝きも放っている、3次元的なエコーのカートリッジであり、マニア向けの製品と言えるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑