画像
YAMAHAのアンプA-S1100の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

YAMAHAのアンプA-S1100の魅力と真実に迫る

2015年7月、A-S1100はYAMAHAのプリメインアンプとして発売されました。

A-S1100は、中高域に透明感のある音色が特長的です。
全体的には、YAMAHAらしい締まりのある爽やかな音像を楽しむことができます。
すっきりとした後味の良い音色のため、ジャズを聴いた際にはやや深みが足りないと感じることもあるでしょう。
音量を抑えて再生した際にも立体感のあるクリアな音色が楽しめるA-S1100は、6畳から8畳ほどの部屋で使用したいオーナーにおすすめといえます。
ポップスやロックなどを再生するとヴォーカルの歌声が際立ち、浮き彫りとなったような印象を受けます。

オーケストラなどの情報量が多い音楽はそれぞれの楽器が繊細に再現され、雑味を感じさせません。
特にトランペットなどの金管楽器の再現力に優れ、超高域も伸びやかで澄み渡った音色を奏でます。

A-S1100は、デクレッシェンドされた楽器の音色の消え際まで美しく再現するでしょう。

サイズは幅が435mm・高さが157mm・奥行が463mmで、重量は23.3kgです。

YAMAHAのアンプは愛好家達から信頼度が高いため、中古市場でも比較的高値で取引される傾向です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑