画像
YAMAHAのアンプB-1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

YAMAHAのアンプB-1の魅力と真実に迫る

画像

YAMAHAのB-1はオーディオ用縦型パワーFETが搭載されたステレオパワーアンプであり、1974年頃に発売されました。

B-1は原音を立体的に再現することに特長的で、ギターやトランペットなどは目の前で鳴っているかのような実体感が得られます。
そのため、演奏時の熱気や生々しさを素直に伝えてくれるアンプだといえるでしょう。
高域においてはエッジのない柔らかな音色であるため、ピアノ協奏曲なども耳当たり優しく美しい音色を再現してくれます。
解像度の高さからジャズなどを目を閉じて聴いた際には、どの楽器がどの位置から鳴っているのかが手に取るようにわかります。
音量を絞って再生した際にもドラムのキレ味は鋭く、それぞれの楽器を鮮明に再現することを得意としたアンプだといえるでしょう。

B-1は時間をかけてエイジングするほど音色の温かみと重厚感が増すため、長い期間をかけてアンプを育てたい愛好家から高い評価を得ています。

サイズは幅が460mm・高さが150mm・奥行が390mmで、重量は37kgです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑