画像
YAMAHAのアンプC-2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

YAMAHAのアンプC-2の魅力と真実に迫る

画像

YAMAHAのC-2はコントロールアンプであり、1976年あたりの発売でした。

音場感を豊かに広げてくれるC-2は、温もりのある柔らかな音色が特長的です。
原音に忠実な音像というよりは、音楽を明るく楽しく聴かせてくれるアンプだといえるでしょう。
シンバルやトランペットなどの高域の楽器は、やや音割れして聴こえる印象は否定できません。
その傾向は、大音量で音楽を再生した際に顕著になります。
他には、フュージョンやポップスなどの音楽と相性が良く、日常生活に自然と溶け込む音色を聴かせてくれます。
打ち込み系の音楽などを再生した際も温かみをもった音像であるため、耳障りの良さを実感することができます。

ギターソロ演奏などを聴くことで、ギターの鳴りのひずみやカッティングなども緻密に再現してくれるアンプだとわかるでしょう。
鉄琴の音色には丸みを与え、まろやかな音像を楽しむことができます。

シアター用アンプとして使用した際には、全身に迫るようなダイナミックな音像を体感できます。

サイズは幅が435mm・高さが72mm・奥行が320mmで、重量は7.8kgです。

ガリがなく音が出ないなどのトラブルがないアンプは、中古市場で取引されるケースが多くあります。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑