画像
YAMAHAのアンプSE-10000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

YAMAHAのアンプSE-10000の魅力と真実に迫る

画像

Technicsの技術陣が総力を結集して作り上げた意欲作であるSE-10000は、1972年発売当初、コントロールアンプのSU-10000とともに世界最高レベルと評された究極のパワーアンプです。

100W/100Wの大出力時であっても、わずか0.01%という超低歪率を実現させた回路構成は、全段差動増幅OCL回路で、出力はPNPとNPNトランジスタをコンバインした完全コンプリメンタリ回路にしています。

さらに、大容量の電圧電源を使用することで、高安定度も実現させました。

パネル面のパワーメーターは、新開発のdB目盛に加え、出力ワット数直読ピーク出力検出型を採用しており、メーターは、1W、10W、100Wの3段階レンジになっています。

また、低インピーダンス負荷接続時や過大入力時における、スピーカー端子のショートなどからアンプを保護する万全のプロテクション回路も装備しています。

広範囲のダイナミックレンジや爽快感をもたらすクリアな音質に加え、圧倒的な力強さとパワーアンプの守備範囲を完璧にこなす、このSE-10000は、性能、スペックともに他の追随を許さない別次元の域に到達した感があります。

古き良きTechnicsの「芸術」であるこの機種は、中古市場に出品される日を待ちわびているファンも多い逸品です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑