画像
YAMAHAのアンプSE-A1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

YAMAHAのアンプSE-A1の魅力と真実に迫る

画像

1977年の発売当初、日本のみならず世界をあっと驚かせた超弩級のスーパーアンプがTechnicsのSE-A1です。
最大の特長は、Aクラスパワーアンプと電源アンプを2段構造にすることで、スイッチング歪とクロスオーバー歪を発生させずに、350W+350WというAクラス増幅でのパワーを発揮する新方式を採用したことです。

さらに、2段構えにすることで、高効率化出力を確保しながら強制空冷ファンの排除に成功、静音性とコンパクトなサイズ感を実現させました。

また、DCドリフト要因を打ち消すアクティブ・サーマル・サーボ方式を採用し、同時に、スピーカーインピーダンスによる指示変化を切り替えスイッチで調整するピークパワーメーターのほか、4系統独立のスピーカー出力コントロールスイッチや雑音を混入させないフェードイン、アウト機構を持つファンクションスイッチなど、こだわり抜いた機能が満載されています。

Technicsの特長である中低域の深みはそのままに、ハイパワーアンプとしては珍しい高音域のレスポンスの良さも加わり、発売当時は究極のセパレートアンプといわれた逸品です。

コンシューマー向けアンプとしては、異次元のハイスペック機であり、今でもコレクターにとっては垂涎の機種となっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑