画像
YAMAHAのアンプSU-C7000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

YAMAHAのアンプSU-C7000の魅力と真実に迫る

画像

Technicsのプリアンプ(コントロールアンプ)SU-C7000は、バッテリー駆動電源を採用し、AC電源と信号回路を切り離すことで、機器間で生じる一切のノイズをシャットアウトでき、音質向上を実現しました。

バッテリーは、大容量小型シール鉛蓄電池を用い、フル充電で4時間の電源供給が可能です。

また、音量調整は新開発のカーボン抵抗体回転型で、音質劣化やひずみを大幅に改善しました。

筐体は、THCB(Technics Hybrid Construction Base)による多層構造で振動減衰特性を実現し、外部からの振動を防ぐために天板やサイドの材質にもこだわっています。

さらにコンデンサは、新開発のアルミ電解コンデンサを採用し、ボリューム調整スイッチのほか、AC、DC動作切り換えスイッチも搭載しています。

SU-C7000の特長はなんといってもパワフルな低音域であり、バッテリー駆動時はやや低音域が弱まる印象があるものの、電源駆動時には地の底から響き渡るような圧倒的な迫力を感じさせます。

また、アコースティック楽器との相性が良く、やや暗めの音質なので、クラシック音楽ファンにはもってこいの機種として、オーケストラはもちろん、ピアノやチェロ、ベースをじっくり味わいたい人に根強い人気があります。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑