画像
YAMAHA GT-2000Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

YAMAHA GT-2000Lの魅力と真実に迫る

YAMAHA GT-2000Lは、1982年頃にGT-2000と同時に販売され1989年に販売終了となったアナログプレーヤーです。

基本設計はYAMAHA独自の設計思想「GT思想」に基づいており、その姿勢が直径374mmの大きいターンテーブルに現れています。
GT=Gigantic&Tremendousで、GT思想とは、音質の安定を追及するうえで必要なら部分的な巨大化や重量化も取り入れる姿勢のことです。

GT-2000とGT-2000Lは基本的な部分は同じですが、GT-2000Lの方が高級感のある造りになっています。
GT-2000のキャビネットは黒色塗装の樺化粧板ですが、GT-2000Lの方は、木目が美しいウォールナット材の化粧仕上げです。

GT-2000Lは、アームやパワーサプライ、スタビライザーなどを別売のオプションと交換することでカスタマイズできます。

GT-2000Lの欠点をあえて挙げるとすると、標準装備のアームYA-39の性能です。
ターンテーブルの性能を活かしきれないので、他のアームに取り換えて使っているケースが少なくありません。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑