画像
YAMAHA GT-CD1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

YAMAHA GT-CD1の魅力と真実に迫る

GT-CD1は1991年にYAMAHAから発売されたCDプレーヤーです。

型番の頭にアナログプレーヤーと同じGTの文字が付いているのは、YAMAHA独自の「GT思想」に基づく設計が施されているということのことの証明です。
GTはGigantic & Tremendousの略で、音質を追求するうえで必要ならば、巨大化や重量化もいとわないという考え方のことです。

アナログプレーヤーではターンテーブルに現れていたGT思想ですが、CDプレーヤーのGT-CD1では、シャーシ構造の強固さに現れています。

プレーヤーベース、筐体、ボトムのいずれにも、音に影響を与える振動を減らす工夫を凝らしました。
プレーヤー部とD/Aコンバーター部を完全分離することで音質を高めつつ、4本の鉄柱を使って直結させることでセパレートの欠点をカバーする一体型セパレートCDプレーヤーの形をとっています。

60mm厚のウッドパネルや8mm厚のアルミブロックを使用したD/Aコンバーターユニットなどそれぞれのパーツが重く、総重量が約24kgにもおよぶので、キャビネットはしっかりしたものが必要です。
アメリカンウォールナットの筐体をピアノ塗装で用いるポリエステル鏡面塗装で仕上げているので、独特の美しさと重厚感があります。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑