画像
AKAI GX-365Dの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

AKAI GX-365Dの魅力と真実に迫る

AKAI GX-365D

AKAI GX-365Dは、1970年にガラスとクリスタルをミックスしたフェライトヘッドを取り入れたテープデッキとして誕生しました。
同時期に、スピーカーを備えたテープレコーダータイプのGX-365という機種も存在していました。

AKAI GX-365Dでは、録音と再生、消去ヘッドを独立させた3ヘッド方式を採用しており、録音と同時進行でモニターすることが可能です。
ヘッド部分はVTR用として開発されたクリスタルフェライトを取り入れ、パーマロイと比較して単結晶フェライトが高まっています。
3モーター構成として、キャプスタン用にはヒステリシスシンクロナス3スピードモーター、リール用として6極アウターローターモーターを使用しています。

特徴的なのは、Compute-0-Matic、Reverse-0-Maticなど、当時の最先端の電子制御システムを採用し、オートマチックシャットオフやオートマチックストップと言ったオートメカニズムを取り入れているところです。

また、電磁ブレーキを使用しており、テープの確実な停止も可能です。

ウッド調のデザインがインテリアとしても秀逸で、頑丈な作りとなっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑