画像
AKAI GX-646の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

AKAI GX-646の魅力と真実に迫る

AKAI GX-646は、EEテープに対応していることで、最上級のクオリティを手に入れることを目的として開発された高級録再テープデッキとして、1981年に登場しました。

EEテープとしては、従来では見られなかった高密度記録用磁性材を使用しており、高い保磁力と大きな残留磁束密度を備えています。

これに対応するために、新規に設計したアンプ回路や録音ヘッド、消去ヘッドを取り入れ、高域のダイナミックレンジを約6dB拡大することに成功しています。

他にも、再生イコライザー時定数もブラッシュアップしており、ノイズレベルを下げるなど他との互換性を考えて、IECなどの国際規格に準じた設計となっています。

録音ヘッドと再生ヘッドにおいては、ニューGXヘッドを採用しており低域に対して特に高いパフォーマンスを発揮します。
異物対策にも取り組んでおり、様々なところに工夫が見られる点も評価が高い理由といえます。

サイズは、幅440mm×高さ483mm×奥行256mm、質量21.0Kgとなっています。

再生スピードについては、±6%まで可変することができるピッチコントロールがあったり、マイクとラインのミキシングができたりするなど魅力的です。

GX-646は、EEテープの実力を最大限までに発揮することができるものとしておすすめです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑