画像
AKAI GX-747dbxの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

AKAI GX-747dbxの魅力と真実に迫る

AKAI GX-747dbxは、GX-747をベースとして、dbx Type1を新規で搭載して単なるアップデートとは異なるクオリティを確保したオープンリールデッキとして、1982年に誕生しました。
わずか1年しかタイムラグがないにもかかわらず、かなりの進化を遂げています。
ノイズリダクションシステムを目的として、dbx Type1をマウントしているのが最大の特徴で、dbxにおいて音楽信号を全帯域にわたって半分に圧縮して録音することができます。

また、再生時にはレベルを2倍にエキスパンドする事ができますので、テープの許容ダイナミックレンジを大幅に向上させることができ、有に100dBを超えるダイナミックレンジを作り出しています。

ノイズレベルについては、全可聴周波数帯域において最大30~40Dbもの改善を図ることに成功していて、テープヒスを低減する相乗効果を発揮しています。

GX-747dbxのさらなる特徴として、スライディングバンド方式とは違う全帯域でリニアな対数圧縮・伸張を実現できる点も忘れてはなりません。

サイズは、440mm×高さ493mm×奥行256mm、質量23.2Kgとなっています。

誤消去を防止することができる録音モードセレクターというありがたい機能もあります。

GX-747dbxは、単なる焼きまわしではなく着実な進化を遂げているプレーヤーとしておすすめです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑