あんしん売却。

現代を代表する、殿堂ブリティッシュのスピーカーブランド、ATC。
1974年にプロフェッショナル向け音響機器の開発・製造をするスピーカーメーカーとして設立し、今なお尽力し続けています。

現代のオーディオ界を牽引しているだけのことはあり、「スピーカーが楽器であるという論法はすでに時代遅れで、悪質なシステムを擁護するだけの空論に過ぎない。」と発言も強気。

会社の発展に伴い今は、社名をLoudspeaker Technology Limitedと改めていますが、「ATC」というブランド名はそのまま受け継がれています。

ATCがはじめて手がけた製品は、ドライバーユニットで、30cm口径のコーン型でした。
そこからたったの2年で、ATCのその後の地位を決定づけることにもなる、誰もが考えつかなかった斬新なミッドレンジ・ドライバーを打ち出します。
巨大な磁気回路を呈したこのミッドレンジ・ドライバーは、ATCのアイコンとなり、改良を繰り返しながらも30年以上を経た今なお、ATCスピーカーのハイエンド機種に搭載されています。
創業当初はこのようにユニット開発にこだわっていたATCですが、スピーカーに必要不可欠でありサウンドの中核をなすユニットを徹底的に開発することは、言わば揺るぎない地盤固めをしていたのであり、その間もなくの1978年には、満を持して世の待望の「スピーカーシステム」も発表しました。

現在、世界中のレコーディングスタジオをはじめとする、音楽ホールや放送局、映画施設、コンサート会場といったあらゆる場所、特にプロの集う「最高」がある場所では、ATCブランドのオーディオ機器はなくてはならない存在となっています。

ATCの魅力

  • ATC SCM20SLの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC new SCM40の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC SCM20Tの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC SCM100Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC SCM100 PSLの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC SCM100の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC SCM10の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC new SCM11の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC SCM40の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC SCM11の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC SCM20の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC SCM19の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC SCM100 ASL Proの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ATC SCM100 TSLの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

ATC 最新買取情報

     

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑