画像
audio-technica AT30Eの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

audio-technica AT30Eの魅力と真実に迫る

AT30E

1979年に誕生したaudio-technica AT30E。伸びやかで屈託ないサウンドを楽しめる、audio-technicaのお買い得なMCカートリッジです。

カートリッジによっては、プレーヤーよりも高級なものがありますが、AT30Eはあくまでもリーズナブルな価格設定にこだわっているのが特徴です。
針交換ができるMC型の新世代というキャッチフレーズで当初販売されており、いまでは当たり前になっている針交換を可能にしました。
VM型と同様のスタイラス・ノブを抜き挿しするだけで、気軽な交換を行えるようにデザインされているのもユーザーにとっては悦ばしいところ。
同系に、ヘッドシェルが付いたAT30E/Gも人気を博していました。

デザイン的には至ってシンプルで、無駄を一切排除したものとなっています。
もちろん、素材レベルを落とすことなく、耐久性も高めています。
特に、接点部分は強度とともに汚れにくくなっているので、使用し続けることによる劣化を最小限に抑えるとともに、頻繁に抜き差ししても状態をキープすることができます。

針圧は1.4〜2.0gで、1.7g標準としていて、自重は5.0g。
自重を軽くすることでレコードへの負荷を最小限にして、ピックアップの確実性を高めています。
この技術力の高さも、audio-technicaらしいと言えますね。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑