画像
audio-technica AT33Saの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

audio-technica AT33Saの魅力と真実に迫る

AT33Sa

「オーディオ銘機賞2015」で銅賞を獲得したaudio-technica AT33Sa。
audio-technica のMCカートリッジとしてはシバタ針を初めて取り入れたモデルとして有名です。

シバタ針とは、ラインコンタクト針の特徴である高域の再生能力にミックスして、豊かで芯の強い中低域の再生を楽しめるものとなっています。
従来のAT33シリーズで使用されてきたボロンカンチレバーに対して、シバタ針をマウントすることで、振動系を2重ダンパーで支える方式により、サウンドを磨き上げています。
「シバタ針」による最大の効果としては、サーフェスノイズだけではなく、音溝についたキズにもノイズレベルが激減し、S/N比の向上にも寄与したことでしょう。

先端に向けて徐々に径が細くなる、ボロン無垢テーパーカンチレバーを取り入れているのも特徴的で、テーパー加工により振動系の先端部を軽量化し、発電コイルのターン数を根本から見直すことで、カートリッジの高域特性をブラッシュアップさせて、ワイドレンジな再生を達成しています。
マグネットでは、最大エネルギー積が非常に高いネオジウムマグネットを使用し、ヨークには、高い飽和磁束密度を兼ね備えている、パーメンジュールを採用することで、コイルギャップ部の集中磁界をアップデートしています。
PCOCCは、伝送方向に結晶粒界を発生させないようにするので、よりピュアな伝送を実現します。

今までのAT33シリーズとは一線を画し、鋭さはなく、繊細でなめらかな中に、穏やかさと豊かな余韻を感じさせる音色となっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑