画像
BOULDERのアンプ102AEの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

BOULDERのアンプ102AEの魅力と真実に迫る

BOULDER 102AEは、ステレオ専用に開発され、1990年に誕生したパワーアンプです。

電源部には大型のトロイダルトランスを搭載し、入力回路は平衡型なデザインとすることで、電源の安定化を支えています。

また、バランス入力回路を取り入れたことにより、周辺のノイズが入力信号に混入して悪影響を及ぼすことを低減しています。

高感度クリッピングインジケーター内蔵による効率の良さも魅力となっています。

実効出力は170W+170W(4Ω)、100W+100W(8Ω)、最大出力は230W+230W(4Ω)、40W+140W(8Ω)と見かけからは想像できないハイスペックな仕上がり。
周波数特性は20Hz~20kHz +0.00 -0.04dB、入力インピーダンスについてはバランス:12kΩ、アンバランス:30kΩとなり、幅広いサウンドにも柔軟に対応可能です。

様々なスピーカーなどと相性がよく、素直なサウンド作りに寄与していますが、それを実現するためにも安定した稼働が必要です。
102AEでは、通気口が少なく見えますが、適切に排熱処理を施すことが可能であり、熱暴走を防ぎます。

102AEのサイズは、幅440mm×高さ95mm×奥行380mm、質量14Kgとコンパクトな仕様です。

デザイン的にはシンプルなブラックの筐体で、凝っているとは言い難いものの、その分だけサウンド性能を高めることに注視した証でもあります。
ミドルレンジをより強調する中で、ナチュラルで耳触りの良いサウンドが楽しめます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑