画像
Cary Audio DesignのアンプSE-1 300Bの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Cary Audio DesignのアンプSE-1 300Bの魅力と真実に迫る

Cary Audio Design SE-1 300Bは、直熱三極管である300Bを使用し、フィラメントは直流点火としているのが特徴の真空管パワーアンプです。
これにより、残留ノイズを低く抑えることに成功しています。

300Bはエレクトロハーモニクス社のものを採用しているのですが、そのまま組み込んでいるわけではなく再度エイジングを行い、電気的チェック、サウンドチェックを実施することで、これでもかというほどのクオリティを体現しています。

プリント基板部は基板プラスパーツ仕様となっており、電源部、直流点火部、トーンコントロール部に使用しています。
増幅部はラグ板にパーツを取り付けるデザインを採用しているのも特筆すべきポイントですね。

SE-1 300Bのサイズは、幅350 mm×高さ155 mm×奥行295 mm、質量9Kgとなっています。

入力端子は金メッキタイプとして損失を最小限に留めているなど、ノイズ対策の工夫が、随所に施されています。

シャーシには鏡面に仕上げステンレス、前面はアクリルパネル、側面は天然木のサイドウッドで見た目も秀逸です。

極端に低能率のスピーカーではその能力を活かしきれませんが、充分メインシステムとして候補に上がるアンプに仕上がっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑