あんしん売却。

Celloはアンプの名機を数多く世界に送り出したアメリカのコネチカット州・ニューヘイヴンのハイエンドオーディオメーカーです。

その創設者は、ハイエンドオーディオというジャンルを確立したと言っても過言ではない、マーク・レヴィンソン社のマーク・レヴィンソン。
自身の名を冠するオーディオメーカーを離れ、希代のエンジニアとして知られるトム・コランジェロを迎える形で立ち上げたのがCelloなのです。

その音色は非常に情報量が多く、特定の音域を強調しすぎない、ストレートな再現性を持ちます。
それでいて音質傾向は無個性というわけではなく、透明な中に気品のある艶を感じさせるCelloの音は多くのオーディオファイルを魅了し、「Celloの音色は麻薬のようだ」と評されることもあります。

また、Cello製品に共通する特徴として、高性能のアッテネーターがあげられます。
全て手作業で作られたアッテネーターは1dbきざみでボリュームを調整することができ、カチカチとクリック感を伴い回るダイアルはギャングエラーが発生しづらいという利点もあります。

高性能な現行機が次々と発表される中でも数多のオーディオファイルがCelloを求めて止まないのは、そのサウンドの中にマーク・レヴィンソンの理想と情熱が息づいているからなのでしょう。

 

Cello 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑