画像
CelloのアンプPALETTEの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

CelloのアンプPALETTEの魅力と真実に迫る

画像

Cello は、ハイエンドオーディオのマーケットを作ったかの有名なマーク・レビンソンが1986年に設立したオーディオメーカーです。
そのCelloがこだわり抜いて発表した、プリアンプとパラメトリックイコライザーの両方を兼ねた複合機が、このPALETTEです。

通常の10倍、およそ5000個のパーツを使い、音楽復元をモチーフに音のパレットを具現化させました。
6個のイコライザーの周波数帯は15Hz、120Hz、500 Hz、2kHz、5kHz,25kHzと、グラフィックイコライザーとしては一般的な数値ですが、ただ通すだけで深く味わいのあるサウンドに進化させるあたり、やはりブランドの才能を感じさせます。
というのも、イコライザーのコンセプトが単純に音質を変えるだけではなく、「失われた情報を補うための機能」として存在しているからでしょう。

音を上げ下げしても、質を落とすことなく自然な音のまま調整できます。
この機能は、他のオーディオ機器には存在せず、どのシステムと接続してもサウンドがCello仕様になるので、一度聞いたら感動してしまうと評判です。

温厚でツヤのある音質を表現するこのCello PALETTEは、間違いなく、新たなリスニング体験の境地を切り開いてくれるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑