画像
DENON DL-301Ⅱの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

DENON DL-301Ⅱの魅力と真実に迫る

DL-301Ⅱ

DL-301をさらにブラッシュアップして、より高性能を極めたMC型カートリッジとして、1984年に誕生したDENON DL-301Ⅱ。

本体にはアルミ合金メタルを採用し、世界初の4ヶ所止めを実現しているモデルとして、歴史的にも貴重な存在となっています。
これにより、シェルへのより確実な固定化と動作の安定化に寄与しています。
マグネットやターミナルピンについては、高強度樹脂で一体フレーム化し、軽合金精密仕上げのケースを取り入れたことで、強度をさらに高めることに成功。
軽合金精密仕上げは簡単なようで非常に難しい加工であるので、この時期になされていることは驚きといえます。

カンチレバーは、DL-303に近いスペックのアルミ合金テーパードカンチレバーとなっていて剛性の維持とともに軽量化にもつながっており、マグネットにはサマリウムコバルトマグネットを使用するなど、細かな点まで工夫が散りばめられています。
自重は6.0gと若干重い印象がありますが、これも当時の技術としては限界を狙った設計。
特殊楕円針により確実なピックアップを体得しており、DENON DL-301Ⅱを使うことでアナログレコードの魅力を余すところなく読み取ることができるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑