画像
EsotericのアンプC-02の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

EsotericのアンプC-02の魅力と真実に迫る

画像

Esoteric C-02は、Esotericがもつアナログオーディオ技術と知識をすべて注ぎ込んで造られたプリアンプで、2008年に発売されたC-03以来のフラグシップモデルとされ、高い評価を獲得しました。

本機は、電源部から左右チャンネルを独立させるといった、チャンネル間の相互干渉を徹底して排除するためのデュアルモノ設計を基軸としています。
そのため、電源トランスも左右それぞれに配置することにより、電源を経由するノイズの混入をも防ぎ、素直で混じりっ気のない増幅を可能としています。

また、Esoteric-QVCSを採用することでオーディオ信号の左、右、正、負の独立が保たれ、位相特性とチャンネルセパレーションに優れた透明感のある音を獲得しました。
さらに、オーディオ基盤からボリューム素子への配線を排除していることで、信号の短縮化が可能となり、音質の劣化を防いで低歪を実現しています。

整流ダイオードには、電気自動車などにも使用されるシリコンカーバイドが使用されており、ハイスピードで整流ノイズが非常に少ないという特徴があるため、サウンドを高解像度で出力します。

このEsoteric C-02は、プリアンプでありながらツマミが2つしか用意されていないところからも、ピュアサウンドへの強い意識が見て取れる、そんな名機となっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑