画像
EsotericのアンプI-05の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

EsotericのアンプI-05の魅力と真実に迫る

画像

Esoteric I-05は、同ブランドのプリメインアンプI-03の下位機種として、2012年8月に発売されたモデルです。

増幅部にEsoteric MSW Pure Class D方式が採用されている点は共通していますが、I-05はI-03よりも筐体が薄型になっているため、MOS-FETのパラレルプッシュプル構成が3から2に減っています。

電源部のカスタムトランスとコンデンサはどちらも容量の大きなものを採用しているのが特長です。

負荷6Ωのとき、I-03の最大出力は320W×2なのに対して、I-05は190W×2です。
I-03の大出力には劣りますが、コンパクトなボディの割には十分な出力を誇ります。

左右別々のチャンネル基盤を用意し、シールド鋼板を挟んで上下に配置していたI-03とは違い、I-05では1枚の基板の上に左右のチャンネルをシンメトリーに配置しているという点も特長となっています。
I-03はアンバランス回路を採用していましたが、I-05ではフルバランス回路を採用したので、S/N性能は格段に高まりました。
下位機種という位置づけですが決して侮れません。
音量の上げ下げに強い分、デジタルプレーヤーとの相性ではI-05の方がおすすめともいえます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑