画像
Harman/KardonのアンプCitation X-1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

Harman/KardonのアンプCitation X-1の魅力と真実に迫る

harman/kardon Citation X-1は、1982年に販売されたパワーアンプです。
性能の高さを体現しているかのような、非常に迫力のある外観が特長的です。
事実、そのポテンシャルは素晴らしく、解像度の高さや分離の良さ、ノイズが少ない野太い低域や、クリアにどこまでも伸びていく高域など、どこを切り取っても素晴らしいアンプに仕上がっています。

150w×2/1K22kオーム/サブソニックフィルターを取り付けることで、パワー重視ながらもクリアなサウンドを手に入れているのが印象的です。

周波数応答は0.1Hz〜180kHz、全高調波歪率は0.01%に抑えて、安定したサウンド作りを意識しています。

減衰係数は130、入力感度は1V、信号対雑音比に至っては118dBとハイパフォーマンスとなっています。
大型な筐体ということで、どうしてもパワー重視で大味なサウンドという偏見を持ってしまいがちですが、内部のパーツ、基盤にも、繊細さを欠くことのないような工夫がいくつも見られます。

Citation X-1のサイズは、幅440mm×高さ194mm×奥行428mm、質量25kgとなっています。

ブラックカラーを基調としているため、様々なインテリアにも、すんなり馴染むのが嬉しいポイントです。
廃熱処理も適切で、置き場所もをれほど意識する必要はありません。

Citation X-1は、まさに内実伴ったハイクオリティなパワーアンプといえるのです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑