あんしん売却。

Harman_Kardonは、ハーマン・インターナショナルの一つのセクションとして、1953年にシドニー・ハーマン氏とバーナード・カードン氏により創立されました。

創業当初の製品はFMチューナーが有名で、世界初のハイファイ・レシーバーである Festival D1000は、特に広く知られています。
これに採用されたモノラルユニットは、チューナーやコントロール・ユニット、アンプを単一の筐体に組み込んだデザインが採用されており、これは現代では当たり前のものですが、当時としては非常に先進的な試みでした。

シドニー・ハーマンは商務長官となったことを契機に、一時期経営から身を引きますが、退任後に再び復帰しています。
そして現在は、シドニー・ハーマンの娘が会社を引き継いで今に至っています。

中期のHarman_Kardonのアンプには、HICCと呼ばれる瞬時電流供給能力を高める設計が採用されているのが特徴です。
パワー段に2クラス上のパワートランジスタをマウントし、強力な電源部を搭載することで常に安定したスピーカードライブを実現させてサウンドの強化を図っています。

また、保護回路としてオリジナルの高速電子プロテクションを採用しています。これは、電流量を時間経過で常時監視して、危険領域になる寸前で動作をストップさせて、安全かつ安定したパフォーマンスを発揮させる効果を発揮できるのは、Harman_Kardonならではの魅力といえるでしょう。

Harman/Kardonの魅力

  • Harman/KardonのアンプCitation1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Harman/KardonのアンプCitation XXPの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Harman/KardonのアンプCitation X-1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Harman/KardonのアンプCitation2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Harman/KardonのアンプCitation XXの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

Harman/Kardon 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑